高校生がつづる 森・川・海 聞き書きの本棚

その人の職業から人生を浮かび上がらせる

「高度経済成長以後、林業も機械化し、すっかり様変わりした。そんな時代だからこそ、森とかかわる伝統的な知恵や技術、文化を掘り起こすことが今、大切なのではないか」
今から20年近く前、ある林野庁の職員は、そんな思いを抱き、作家の塩野米松先生を訪ねました。塩野先生は、たくさんの職人を聞き書きし、本にまとめていました。代表作は『木のいのち 木のこころ』という、法隆寺の宮大工棟梁、西岡常一氏の「聞き書き」です。
「全国から毎年、森の名手・名人を選んで、表彰したい。その名人を選ぶ作業を手伝ってもらえないでしょうか」と、林野庁の職員は切り出しました。
塩野先生は言いました。
「表彰するのはいいけれども、それだけではその人の技術や知恵を、後世に伝えることはできない。全国から高校生を集めて、名人の聞き書きをしよう。聞き書きのやり方は、私が指導するから」
早速、林野庁の職員は、文部科学省に協力を依頼し、第1回「森の聞き書き甲子園」を2002年(平成14年)に開催しました。以来ずっと、塩野先生には、甲子園に参加する高校生を指導いただいています。

聞き書きで大切なことは「その人の職業から人生を浮かび上がらせることだ」と、塩野先生は言います。その人がもつ具体的な技術を、丁寧に掘り下げていくことによって、たとえば宮大工という、その人の生き方が見えてくる。さらに、その人が語った言葉を上手にまとめることで、その人の人柄や生まれ育った背景、さらにはその人生の裏側までも読み取れるような作品に仕上がるのです。
『森をつくる椎茸』という作品は、塩野先生の教えを忠実に守った、高校生の力作のひとつです。

 

森をつくる椎茸

名人
黒木工(神奈川県相模原市)
聞き手
鈴木美愉(栃木県宇都宮白楊高等学校2年)

自然の神秘

ある時、山に行ってみると、椎茸の胞子が一面に飛んで山の中が霧がかったようになってね。今までの人生で2、3回ぐらいしか見たことがないけど、それはそれは見事で、めったに味わえない喜びでしたね。そして春先の最盛期の山、どの木からも椎茸がいっぱい発生している、そういう姿を見ると、やってきた生きがいってのを感じるね。

高校生がつづる 森・川・海 聞き書きの本棚

「森は、共存するための家や」

聞き書き甲子園は、2002年に「森の名手・名人」の聞き書きからスタートしました。初年度に参加した100人の高校生のうちの一人、代田七瀬さんは、奈良県川上村の杉の種採り名人、杉本充さん(当時70歳)の聞き書きを担当しました。
杉本さんの故郷、川上村は、吉野林業の発祥地です。かつて豊臣秀吉は大阪城を築城する際に吉野材を使ったといわれます。また、江戸時代の川上村は、灘・伏見の酒樽をつくる樽丸の産地としても栄えました。杉本さんは、よい母樹を選んで、よい種を採り、林業の未来を支えてきたのです。そんな仕事を続けてきた杉本さんは、代田さんに問いかけました。

「森は家や。人間だけやなし、動物や植物が共存するための家や」

林業は大事だけれども、ただ、自分たちの利益のためだけに杉を植えればいいというわけではない。あらゆる動物や植物が共存するためには、人工林をつくるだけではなく天然林を残すことも大切だというのです。そして、人が植えた場所は必ず手入れをし、植えた木は育てなければならない。「このまま人間が自分たちの利益だけのために森をつぶしていったら、森は壊れる」と訴えたのです。
代田さんは、名人の話を聞いて思いました。
「名人の思いに応えるために、私にも何かできることはないだろうか」
そうして彼女は、甲子園に参加した仲間に呼びかけて、「共存の森」というグループを立ち上げました。現在、聞き書き甲子園の運営を担う「共存の森ネットワーク」というNPOは、こうして生まれたのです。

奈良県川上村/スギの種採り50年

名人
杉本充(奈良県橿原市)
聞き手
代田七瀬(日本女子大付属高等学校1年)

いたずらっ子時代

生まれ育ったのは奈良県川上村です。生家は山の中腹で、子どもんときはもっぱら山に入って遊んどったわ。遊び場は山と川やったでな。木や葉っぱで家をつくったり、崖から木に飛び乗ったり、蜂と対決したりして、スリルを味わってました。よく刺されましたよ。そういう冒険好きのいたずらっ子でした。

聞き書きの本棚聞き書きの本棚聞き書きの本棚